ニュース

戯言シリーズ新作の発売日や内容は?『キドナプキディング青色サヴァンと戯言遣いの娘』




作家の西尾維新さんのデビュー20周年記念PVの中で、小説『戯言シリーズ』の最新作『キドナプキディング青色サヴァンと戯言遣いの娘』が発売されることが決定しました。

戯言シリーズといえば、西尾維新さんのデビュー作の名作であり超人気作。完結して数年経った今もなおファンがたくさんいる作品です。

その戯言シリーズがまさかの新作発売ということで「発売日はいつなのか?」「内容やあらすじは?」と気になると思います。

そこで当記事では、戯言シリーズ新作についての情報を詳しく解説していきます。

この記事でわかること

・戯言シリーズ新作の発売日がいつなのか

・戯言シリーズ新作のあらすじや内容の予想




戯言シリーズ新作の発売日は?

戯言シリーズの新作『キドナプキディング青色サヴァンと戯言遣いの娘』の発売日は現在のことろまだ未発表です。

おそらくですが、2022年の11月〜12月くらいになるのではないかと予想します。

なぜなら、西尾維新氏の新シリーズ『怪盗フラヌールの巡回』が2022年9月7日に発売されることが決まっています。

なので、9月より後になるはずです。かといって2023年まで持ち越しというほど遠い話ではないと思うので、11月か12月と予想します。

あくまで予想なので、多少時期が前後するとは思いますが、戯言シリーズのファンとしては、できる限り早く新作を読みたいです。

ぜひ年内に発売することを期待したいですね。



戯言シリーズ新作のあらすじや内容は?

戯言シリーズの新作『キドナプキディング青色サヴァンと戯言遣いの娘』のあらすじや内容が気になりますよね。

どんな話なのか現時点でわかっていることから内容を推察していきたいと思います。

まずタイトルからわかるのが

「キドナプキディング」

「青色サヴァンと戯言遣いの娘」

という2つのキーワードですね。

それぞれについて解説していきます。

「キドナプキディング」とは?

タイトルの「キドナプキディング」って聞き慣れない言葉ですよね。

これは2つの言葉に分解できて「キドナプ」と「キディング」を合わせた造語になります。

それぞれの単語の意味はこちら。

キドナプ(kidnap):誘拐

キディング(kidding):冗談

つまりそのままの言葉から考えると、冗談のような誘拐という内容の作品になることになります。

狂言誘拐などを扱った作品になるのか?と内容を予想できますが、作者がなんせ西尾維新なので、そんなタイトルと作品がストレートにマッチしたものであるかはわかりません。

いつも裏をかいてきたり、言葉遊びで読者を翻弄してきますからね。

青色サヴァンと戯言遣いの娘とは?

タイトルの「青色サヴァン」と「戯言遣い」というのはそれぞれ、過去の戯言シリーズに登場した人物です。

青色サヴァン:玖渚友

戯言遣い:いーちゃん(主人公、語り部)

なので、タイトルの「青色サヴァンと戯言遣いの娘」ということは、そのままの意味で、いーちゃんと玖渚友の娘が登場するということ。

おそらく主人公や語り部もその娘になる可能性が高いです。

戯言シリーズの前半の作品のように、いーちゃんが事件に巻き込まれて解決していくように、今回は娘が事件を解決していくのでしょう。

戯言シリーズの後半のように異能バトルみたいな展開よりも、ミステリーっぽい内容であることを期待したいですね。



いーちゃん・玖渚友は登場する?

戯言シリーズのファンとしては気になるところが、過去作の主人公のいーちゃんや、ヒロインの玖渚友が登場するのかということですよね。

まだ作品の内容がまったく見えてこないのでなんとも言えないですが、予想ではこの2人は登場しないのではないかと思います。

なぜなら、いーちゃんと玖渚友の物語は、前作のラスト「ネコソギラジカル」までですべてが終わっているので、これ以上この2人のことを語ることはないのかなと思います。

少なくともいーちゃんは、戯言シリーズのスピンオフ作品のどれにも頑なに登場することはありませんでした(玖渚友については過去の話などで登場してましたが)

なので、あくまでいーちゃんと玖渚友の娘を中心とした内容になり、親である2人は登場しないと予想します。

ですが、これもあくまで予想ですし、西尾維新はとことん良い意味で裏切ってくるので、しれっといーちゃんや玖渚友が登場する可能性もありますね。



まとめ

今回は西尾維新の戯言シリーズ新作「キドナプキディング青色サヴァンと戯言遣いの娘」について、発売日の情報やあらすじと内容について記事にしました。

発売日については現時点で未定ですが、おそらく年内11月、12月には発売してほしいなと期待します。

また作品の内容については「キドナプキディング」という言葉から「誘拐」「冗談」という言葉から、誘拐事件についての内容であることが予想されます。

いーちゃんや玖渚友の娘が登場するということで、親である2人の登場も期待したいところですが、どうなるのでしょうか。

今後の続報や追加情報があればさらに更新していこうと思います。