芸能・エンタメ

Travis Japan(トラジャ)の帰国はいつ?プチ炎上の理由も

Travis Japan(トラジャ)が10月28日全世界メジャーデビューすると発表がありましたね!

少々炎上もしていますが・・・。

 

西のなにわ男子、東のトラジャと言われるほどジャニーズJr.ながらかなりの人気があります。

10月28日にデビューシングルを配信リリースしますが、ファンは1日も早い帰国とライブ開催を心待ちにしていますよね!

そこで今回は「いつ日本に帰国するのか?」「帰国しないという噂は本当か」についてまとめていきます。

・Travis Japan(トラジャ)の帰国はいつ?

・Travis Japan(トラジャ)全世界メジャーデビュー炎上理由




Travis Japan(トラジャ)の帰国はいつ?

さっそくトラジャの日本帰国がいつなのか調べてみました。

帰国は年内で10〜12月に飛行機のチケットも取ってあると言われています。

いろんなダンスの大会に挑戦しているなどとリスナーに紹介する際、ステイシーが『7~8カ月くらいね』と留学期間について言及したんです。

引用元:日刊サイゾー

 

2022年3月下旬に日本を出発したので、7〜8ヶ月となると10月〜12月になるわけですね。

当初は無期限で留学とのことでしたが、はじめから帰国の予定はあったように感じます。

 

 

また日本に帰国してもすぐまたアメリカへ旅立つと言われていますね。

留学中は語学の勉強、パフォーマンスレッスンと多忙な生活を送っていました。

その結果AGTセミファイナルに進出、ダンス大会では世界大会で9位など輝かしい成績を残すことができています。

観客のスタンディングオベーションや審査員のコメントに、こちらまで嬉しくなってしましますね!

 

ジャニーズとしては実に38年ぶりの本格的な渡米となり、ジャニーズ事務所の期待もかなり高いです。

これは生前のジャニー喜多川さんの夢であったことが関係していると思われます。

こういった大きな期待を抱えて、すぐロサンゼルスに戻ることが考えられるのです。

 

なので日本でのライブはもう少し先になると予想できますね。

ライブをやったとしても倍率がすごそうですが(笑)

一日も早くトラジャのみんなに会いたい気持ちもありますが、今は全力で応援したいと思います。




Travis Japan(トラジャ)全世界メジャーデビュー炎上理由

Travis Japan(トラジャ)の待ちに待ったデビューは心から嬉しいのですが、一部では少々炎上していますね・・・

その炎上理由は大きく分けて2つあります。

■第一報が「文春」

■「CDデビュー」ではなく「配信デビュー」

 

第一報が「文春」

まずトラジャ配信デビューについての第一報がファンの前ではなく「文春」だったのがファンは許せないようですね。

どのグループのデビューもファンに向けて挨拶があったのに対して、今回のトラジャデビューは文春からでした。

 

これは海外のレーベルを通してデビューが決まったため、情報がリークされたと思われます。

ただ最近の他のグループと比べてしまうと「う〜ん・・・」と思ってしまうのも無理はありません。

嵐・・・ハワイ船の上

スノスト・・・8.8で同時に

キスマイ・・・MC中に茶封筒でサプライズ

なにわ男子・・・MCをYou Tubeで配信

 

それでもTravis Japan(トラジャ)は世界デビューですよ!

本当にすごいことなので、心から応援しています。

 

「CDデビュー」ではなく「配信デビュー」

またSNSではCDデビューではなく配信デビューであることに不満もあるようです。

CDデビューしてほしかったという思いもあるようですが、実際海外では配信が主になっているとも考えられます。

トラジャが不憫という方もいますが、時代の変化と捉えても良さそうですね!

 

また配信は249カ国と言われているので、それだけ注目されていると考えると鳥肌が立つほど感動します。




まとめ

今回まとめた内容は「Travis Japan(トラジャ)の帰国はいつ?プチ炎上の理由も」でした。

トラジャの帰国は10月〜12月と考えられます。

すでに航空チケットも購入済みとのことですが、日本に帰国してもすぐに渡米するのは間違い無さそうですね。

 

またプチ炎上の理由ですが、第一報が文春だったこと・CDデビューではなく配信デビューであることです。

しかし海外デビューということもあり、日本での発表前にリークされてしまったと考えられます。

文春も空気読んでよ〜・・・と言いたくなりますがあちらも仕事なのでなんとも言えません(泣)

 

CDではなく配信なのも、現在の時代の変化と言えるでしょう。

249カ国に配信というのはかなりすごいことなので、頑張って欲しいと思います。