イベント

三陸花火大会2022秋の穴場スポット!屋台出店や駐車場も!

三陸花火大会は岩手県陸前高田市ではじまったばかりの新しいタイプの花火大会で、年に2回(春・秋)あり、10月に行われるのは花火の競技部門もある花火競技大会です。

伝統芸能ステージ、ご当地グルメのフードブース、そして尺玉200発以上、打ち上げ数約15,000発の国内最大級花火のエンターテイメントショーなど内容も盛りだくさんの三陸花火大会。

今回は三陸花火競技会について穴場スポットはあるのか、屋台出店はあるのか、駐車場などを調べてみました。

この記事でわかること

  • 三陸花火競技会の穴場スポット
  • 三陸花火競技会の屋台出店
  • 三陸花火競技会の駐車場・アクセス方法・交通規制
  • 三陸花火競技会の概要
  • 三陸花火競技会のチケット




 

三陸花火競技会の穴場スポット

三陸花火競技会の会場近くには完全有料席となっており、会場周辺の規制がとても厳しいため、穴場スポットといえる場所はないようです。

コロナ対策として過度な来場者を避けるため、三陸花火競技会の観覧席は全席事前予約制の5,555席限定になっています。

できれば三陸花火競技大会のチケットを買って、会場で楽しむことをおすすめします。

駐車場付のチケットもありますし、夜の花火大会以外に日中、チケット購入者は会場の催事場やフードブースで一日楽しめますよ。

とはいえ、「チケットが手に入らなかった」「無料で楽しみたい」など、人それぞれ事情はあると思います。

でしたら、三陸花火競技大会の会場から少し離れた位置で高い場所が三陸花火競技会の花火が見える場所です。

よく穴場スポットと言われる本丸公園など周辺の高台公園は良さそうですが、ここも周辺の厳しい交通規制や駐車場がないなど注意が必要です。

 

過去には近辺のホテルから三陸花火競技会の綺麗な花火を観た人もいたようです。

2022年10月の三陸花火競技会の時も、同じホテルでまた企画が行われます。

キャピタルホテル1000 大人気 三陸花火日帰りプラン

 

地元の人によると花火を遮るようなものはそんなになく、近くのスーパーで買い物しながらでも花火は観られるそうです。

少し離れた位置であれば、高い場所が三陸花火競技会の花火が見える場所としておすすめです。




 

三陸花火競技会の屋台出店

三陸花火競技会の会場内には屋台出店のフードブースが設置されます。

2022年10月は29店舗の屋台出店が決まっていて、地元ならではのグルメがそこで楽しめます。(※会場内のためチケットが必要です)

具体的な内容は不明ですが、過去に出店した屋台やお店を参考に見てみましょう。

三陸花火競技会の屋台出店①ご当地グルメ編

・蒸し牡蠣
・牡蠣のクラムチャウダー
・牡蠣の春巻き
・産直のホタテ焼き
・ホタテバター
・ホタテフライ
・ホタテとチーズの春巻き
・磯とホタテのめぐ海スープ
・海鮮串焼き(カキ串・ホタテ串・たこ串・ホヤ串)
・三陸汁(三陸わかめ・豆腐・成田産牡蠣)
・海めし
・たこごはん
・気仙沼ホルモン
・フカカツ
・タコ入りおでん
・にゃん昆うどん
・清流鶏の鶏のハラミ焼き蕎麦
・三陸醤油プリン

ここでしか味わえない三陸の海産物や地元グルメが、いろいろ堪能できそうですね。

三陸花火競技会の屋台出店②定番メニュー編

 

・チョコバナナ
・たこ焼き、マヨたこ、揚げたこ焼き
・いかポッポ
・海賊焼
・フリフリポテト、もちもちポテト、トルネードポテト、ハリケーンポテト
・フランクフルト、、チーズフランク、プレミアムフランク、みそフランク
・アメリカンドッグ
・フルーツあめ
・クレープ
・クッキー・チーズガレット・スコーン
・ピザ
・焼き鳥
・チキンステーキ
・からあげ串・鶏つくね串
・鉄板鶏皮焼
・ドネルケバブ
・焼小籠包
・坦々麺、中華そば
・牛タン串
・自家製豚煮込
・1ポンドステーキ(他にハーフポンド・クオーターポンド)
・コーヒー、紅茶
・ラムネ、コーラ
・酎ハイ、ノンアルビール、生ビール、日本酒(陸前高田市の酔仙)
・龍泉洞の水 など

 

食べ物だけでなく、カワイイ地元のゆるキャラグッズの出店もありました。

三陸花火競技会の屋台出店③ご当地ゆるキャラ編

・三陸鉄道さんてつくんグッズ店
・おおふなトンのポロシャツ・Tシャツ
・気仙沼市のブース(ホヤぼーやグッズ他)

普段は手に入らない、ゆるキャラグッズをゲットできるチャンスです。

他には三陸花火競技会会場内ではフードブース以外に、催事場のステージで毎年地元アーティストや高校生たちのパフォーマンスが行われています。

まだ情報は不明ですが、例年通りなら地元にゆかりのある高校生やアーティストたちのパフォーマンスが観られるはず。




 

三陸花火競技会の駐車場・アクセス方法・交通規制

では三陸花火競技会の駐車場やアクセス方法、交通規制を確認しておきましょう。

三陸花火競技会の駐車場

当日三陸花火競技会の会場周辺での、無料駐車場は用意されていません。

三陸花火競技会の会場内にある駐車場は全て有料です。

そして会場内の駐車場を利用する場合、事前に三陸花火競技大会の駐車場付観覧チケットが必要になります。

今回駐車券は三陸花火競技会の観覧チケットの中に含まれていて、単品の駐車チケットはないからです。

逆に観覧チケットのみの場合も、駐車場は利用できないので注意してください。

車で行く場合は、必ず台数に合わせた三陸花火競技会の駐車場付観覧チケットを購入しましょう。

“当日は陸前高田市内で大規模な交通規制が行われます。無料の駐車場はご用意しておりませんので、観覧チケットと一緒に事前に駐車チケットを入手してください。”                                                                                                                                   ホームページより

三陸花火競技会のアクセス方法

三陸花火競技会会場へのアクセス方法を紹介します。

三陸花火競技会会場の地図


①車でお越しの場合

三陸自動車道 通岡I.Cを降りて約7分(釜石・大船渡方面)

       長部I.Cを降りて約7分(気仙沼方面)

       宮守I.Cから約50分(花巻・北上方面)

 

②公共交通機関でお越しの場合

JR東北新幹線  東京〜一関 約2時間〜2時間40分
仙台〜一関 約30分
  ↓

 JR大船渡線 一関〜気仙沼 約1時間半

  ↓

JR大船渡線BRT 気仙沼〜陸前高田 約40分

③バスのツアーを利用する場合

全国10ヶ所からバスで三陸花火競技会会場までアクセスが便利なチケット付きのツアーです。
移動に重点を置いたシンプルな行程や、出発地、宿泊などいろいろ選択可能です。

三陸花火競技会2022 コラボアクセスツアー

三陸花火競技会の交通規制

三陸花火競技会当日の会場付近は、かなり広い範囲で交通規制が行われます。

早いところでは12:00から始まります。

観覧席に近いところは12:00から21:00まで長時間車両が通れなくなります。

花火の打ち上げ付近では、17:00から20:15まで車も人も通行禁止になります。

車で行く人は事前に地図で確認しておきましょう。

陸前高田市役所 交通規制のお知らせ




 

三陸花火競技会の概要

三陸花火競技会の概要

日程:2022年10月8日(土)※雨天決行 荒天中止
時間:12:00〜21:00(予定)
打ち上げ時間:18:00〜19:30(予定)
場所:岩手県陸前高田市 高田松原運動公園
打ち上げ数:15,000発以上(尺玉200発以上を含む)

 




 

三陸花火競技会のチケットについて

三陸花火競技会の観覧方法は基本全席事前予約制の有料観覧の為チケットが必要です。
チケットの購入ははネットでします。
購入はこちらから→FIREWORKS STORE

チケットの種類は多いので分かりづらいかもしれませんが、大まかに分けると以下のようになります。

チケットの種類

車椅子用の席
カメラの撮影用の席
キャンピングしながら観覧用の席
駐車場や車内から観覧用の席
椅子やシート持参で観覧用の席
椅子とテーブルの席

ご自分に合った席を是非ゲットしてください。

 




まとめ

三陸花火競技会について、いろいろ調べてみました。

三陸花火競技会会場の近くは規制が厳しく、穴場スポットはありませんでした。

少し離れた位置であれば、高い場所が三陸花火競技会の花火が見える場所としておすすめです。

三陸花火競技会の屋台出店は、29店舗出店が決まっています。

三陸花火競技会の駐車場は、有料駐車券付き観覧チケットが必要です。

三陸花火競技会の交通規制は、早い場所で12:00から、遅い場所で21:00まで行われます。

三陸花火競技会のチケットはネットで購入し、自分に合った種類のチケットを選びましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。