スポーツ

岩崎生弥の父母など家族は?出身中学やチームで日本代表経験あり!





甲子園2022決勝で、ついに仙台育英が東北勢初となる優勝を決めました!

優勝の決め手となったのが、岩崎生弥選手の満塁ホームランです!

ここぞという場面で決めた岩崎生弥選手の出身中学やチームが気になりますよね。

実は、岩崎生弥選手は日本代表経験があるんです。

 

また、ここまで岩崎生弥選手の野球人生を支えてくれた岩崎生弥選手の父親や母親など家族についてもどんな方なのか気になりますよね。

 

この記事では以下のことについてまとめています。

・岩崎生弥の父母など家族は?
・岩崎生弥の出身中学やチームは?日本代表経験あり!




岩崎生弥の父母など家族は?

仙台育英・岩崎生弥選手の父や母などの家族は以下の通りです。

・父:名前不明
・母:千春(43)
・兄弟:いるかどうか不明

・祖父:豊

岩崎生弥選手の父や兄弟についての情報はまだ見つかりませんでした。

甲子園2022決勝での大活躍から、今後インタビューで父親のことも登場するかもしれませんね!

情報がありましたら、追記していきます。

岩崎生弥の母

仙台育英・岩崎生弥選手の母は、千春さんです。

岩崎生弥選手は、2021年6月に運動誘発ぜんそくを発症しており、約1年間練習を休んでいます。

また、この時の病気はぜんそくだけでなく、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニアという診断もありました。

 

仙台育英野球部に入部してからは寮生活だった岩崎生弥選手ですが、病気のこともあり、宮城県内の自宅で2ヶ月間療養し、寝たきりの時期もあったそうです。

母の千春さんは、その岩崎生弥選手の様子をすぐそばで見ていたこともあり、「体がひどかったら、もうやめていいよ」という声かけもしていました。

 

しかし、その後、岩崎生弥選手は驚異的な回復をみせ、2022年6月という甲子園直前に全体練習に復帰しました。

昨年6月に運動誘発ぜんそくを発症した。治りが悪く、複数の病院を回ると、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニアの診断も受けた。寮生だが、宮城県内の自宅で約2カ月療養。しばらくは寝たきりで「もう俺は野球をできないかも」と吐露し、母千春さん(43)は「体がひどかったら、もうやめてもいいよ」と伝えた。

引用元:日刊スポーツ

幼い頃から野球に打ち込む岩崎生弥選手を育て、闘病時も一番近くで見守っていた母・千春さんだからこそ、甲子園2022決勝での岩崎生弥選手の活躍は涙なしには見られなかったのではないでしょうか。

岩崎生弥の祖父

岩崎生弥選手の祖父は豊さんです。

祖父・豊さんは、2021年8月に74歳で亡くなっています。

岩崎生弥選手の祖父・豊さんは、岩崎生弥選手が野球を始めるきっかけになった方です。

 

祖父・豊さんは、スポーツ少年団で監督経験があり、岩崎生弥選手は祖父のことが大好きなおじいちゃん子なんだそうです。

スポーツ少年団で監督経験があり、野球を始めるきっかけになった祖父豊さんが、昨年8月26日に74歳で他界した。母千春さん(43)は「おじいちゃんが大好きな子でした」。

引用元:日刊スポーツ

 

甲子園2022決勝の満塁ホームランを決めた時には「天国にいるじいちゃんに力を貸して」とバットに思いを込めて打席に入っています。

祖父の豊さんが本当に力を貸してくれたのではと、信じずにはいられない一打でしたよね!

「『天国にいるじいちゃんに力を貸して』とバットに思いを込めて打席に入りました」。

引用元:日刊スポーツ

 

岩崎選手の恩師となる須江監督については以下をご覧ください。

須江航監督の息子と娘がかわいい!経歴や腕時計のメーカーと秘話がヤバい!      (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...
須江監督の評判や教科は?高校時代・大学は裏方で活躍!第104回全国高校野球選手権大会の優勝校が仙台育英に決定しましたね! 仙台育英高校といえば須江航監督です。 この須江監督が、...




岩崎生弥の出身中学やチームは?日本代表経験あり!

仙台育英・岩崎生弥選手の出身中学・小学校、所属チームは以下の通りです。

出身小学校:宮城県大崎市立古川第四小学校
(大崎ジュニアドラゴン)
(6年生時東北楽天ゴールデンイーグルスジュニア)

出身中学:宮城県大崎市立古川中学校
(宮城仙北ボーイズ)

プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスのジュニアに選ばれているというだけでもすごいですよね!

詳しい経歴を見ていきましょう。

岩崎生弥の小学生時代

仙台育英・岩崎生弥選手の小学校は、宮城県の大崎市立古川第四小学校です。

そして、岩崎生弥選手が小学生時代に所属していたチームは軟式野球の「大崎ジュニアドラゴン」です。

 

平成23年に創立された少年野球チームで比較的新しいチームです。

大崎ジュニアドラゴンでは、主将を務めていました。

 

小学1年生から野球を始めた岩崎生弥選手は、小学6年生の時に、東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアに選出されています。

岩崎生弥の中学時代

仙台育英・岩崎生弥選手の出身中学校は、宮城県の大崎市立古川中学校です。

岩崎生弥選手が中学時代に所属していたチームは、硬式野球の「宮城仙北ボーイズ」です。

中学校の野球部と宮城仙北ボーイズの両方に所属しており、かなり野球漬けの日々だったことが推測されますね。

 

中学1年生になってからは、夏にアメリカで行われる「カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会」に出場する日本代表の15人の選手に選ばれています。

中学1年生にして日本代表とは、すごい注目選手ですよね!




まとめ

「岩崎生弥の父母など家族は?出身中学やチームで日本代表経験あり!」についてまとめました。

仙台育英・岩崎生弥選手の父母などの家族は、

・父:名前不明
・母:千春(43)
・兄弟:いるかどうか不明

と、母・千春さんのみ判明しています。

また岩崎生弥選手は、

・東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアに選出
(小6)
・「カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会」日本代表選出
(中1)

と小中学校時代からかなり注目されている選手だったことがわかりました。

甲子園の決勝の解説でも、「ラッキーボーイという言葉では説明できない」的なことも言われている、本当に実力のある選手なんですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!