ニュース

藤田怜央(囲碁)の小学校はどこ?父親や母親と家族構成は?




世界最年少で囲碁のプロ棋士になった藤田怜央くん。

年齢はわずか9歳4か月ということで、囲碁界にものすごい若さの天才が現れましたね。

そこで気になるのが藤田怜央くんがどこの小学校に通っているのか?また父親や母親など家族構成はどうなっているのか?ということではないでしょうか。

この記事では囲碁の藤田怜央さんについて以下のことを詳しく紹介していきます。

藤田怜央くんの通っている小学校の場所

藤田怜央くんの家族構成や父親と母親の人物

藤田怜央くんの経歴とプロフィール




藤田怜央の通う小学校の場所はどこ?

藤田怜央くんの通っている小学校ですが、正確な場所は判明していません。

ですが、藤田怜央くんは大阪府大阪市出身であることや、大阪こども囲碁道場に通っていることがわかっているので、大阪こども囲碁道場の周辺の小学校であることが予想されます。

大阪こども囲碁道場の周辺で、藤田怜央くんの通っている小学校の予想はこちら。

  • 大阪市立西天満小学校
  • 大阪市立西天満小学校
  • 大阪市立扇町小学校
  • 大阪市立開平小学校
  • 大阪市立菅北小学校
  • 大阪市立滝川小学校
  • 大阪市立西船場小学校
  • 大阪市立西船場小学校
  • 大阪市立豊崎本庄小学校
  • 大阪市立上福島小学校
  • 大阪市立中野小学校

まだそこまで多くの情報がないため特定には至らないですが、このあたりであることがわかりますね。




藤田怜央くんの父親や母親はどんな人?家族構成は

藤田怜央くんの家族構成は父親、母親、兄の4人家族になります。

藤田怜央くんの父親は陽彦(はるひこ)さんといい、年齢は41歳です。

父親の陽彦さんは現在、理学療法士として働いており、藤田怜央くんが通っていた碁会所の近くに職場があるようです。

というのも、藤田怜央くんが囲碁を始めたのも、父親の陽彦さんがオセロを習わせたかったのですが、オセロ教室がなかったから、職場の近くにある碁会所に通わせることになったそうです。

少し違っていればオセロ界の天才になっていたかもしれませんね。

藤田怜央くんの母親については今のところ情報はありませんので分かり次第追記していきますね。

藤田怜央くんのプロフィールや経歴を紹介

藤田怜央くんがどんな人物なのかプロフィールも紹介していきますね。

名前:藤田怜央

生年月日:2013年4月25日

出身:大阪府大阪市

師匠:星川拓海五段

好きな棋士:井山裕太4冠、余正麒八段

好きなもの:寿司、焼き肉、卓球、サッカー、世界の果てまでイッテQ!

藤田怜央くんはわずか1歳半のときに、大阪の地下鉄の駅を暗記して何も見ないでも言えるようになり、大人を驚かせたそうです。さらに4歳では47都道府県を面積の大きい順に並べるスゴ技も披露。

4歳を過ぎたころから、トランプやオセロに熱中し始めましたが、だんだん大人でも相手をできなくなるようになってしまいます。

そこで父親の職場の近くの碁会所に通うようになって囲碁を始めることになったようです。

入門してから10ヶ月でアマ初段を獲得。6歳のときにこども囲碁フェスティバルで準優勝を果たし、7歳で日本棋院でプロ候補生の「院生」となってさらにレベルアップしていったようですね。

藤田怜央くんの実力はプロも認めるところで、天才と呼ばれた井山裕太名人の小1当時より強いと評判です。

また佐田篤史七段は、二子(2つ石を置くハンデ)で対戦して藤田怜央くんが勝利しています。




藤田怜央くんがプロ棋士になったことへのネットの反応

藤田怜央くんが史上最年少のプロ棋士になったということでネットの反応もすごいことになっています。

いくつか紹介しますね。

プロ棋士になったことがわかってからネット上や囲碁業界はかなりざわついていますね。




まとめ

今回は史上最年少の9歳4ヶ月で囲碁のプロ棋士になった藤田怜央くんについて記事を書いていきました。

藤田怜央くんの通う小学校は大阪府大阪市内で、通っている囲碁教室「大阪こども囲碁道場」の周辺であることがわかります。

また家族構成は父親と母親と兄のいる4人家族で、父親は理学療法士をしている陽彦さん。

1歳を過ぎたときから天才ぶりを見せ、成長するたびに大人を驚かせるようなスゴ技を披露してきた藤田怜央くん。

プロ棋士からも認められる天才ぶりで、今後もますます活躍していくことが間違いなしですね。

これからも藤田怜央くんを追っていこうと思います。